Return to site

自分のレベルにあった夏の過ごし方

高3生に夏休みの勉強法についてアドバイスをしています。

夏休みは

①暗記を徹底させる

②学校の補習を受講しすぎない
③予備校や塾の夏期講習を受講しすぎない
 

以上3点を意識しましょう。

たまに学校の補習をひたすら取りまくる生徒がいますが、間違いなく夏以降伸びません。

学校が補習受講を強制する場合もありますが、授業を受け身で聞いていても伸びませんので取り過ぎに注意しましょう。

また予備校や塾の夏期講習を朝から何コマも取る生徒もいます。映像授業を取りまくって一流の講義を聞いていると勉強をやった気になってしまいます。

成績を伸ばすにはやるべきことを自分から能動的にやることが必要です。

夏休みだからこそ、能動的にやる時間が確保しやすくなります。

具体的には①の暗記の徹底をすることです。

今使っている単語帳の意味を完璧にするまで徹底する。

文法の弱点範囲を自分で覚えて説明できるようになるまで繰り返し読む。

夏休みだからと言って、自分のレベルに合わない勉強をしないようにしましょう。

周りを見れば、補習や講習に通う人も多く、暗記のような地味な勉強ばかりしていると不安になる人がいるかもしれません。

 

しかし、夏に暗記を徹底しないと、秋になってガタガタな基礎しかないことに気づき、結局その時になって初めて真剣に覚えるはめになってしまいます。

そうすると応用力をつけたい直前期に基本をやり直すことになり、過去問演習の量も不十分になってしまうのです。

勝負はあくまで来年の冬です。

あせらずじっくり暗記をしまくる夏にしましょう。

宇都宮英語専門
国立、早慶MARCH大学受験
宇都宮高、宇都宮女子高上位高校受験 小学英語
進学塾EX 

https://utsunomiyaex.strikingly.com/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly